遺言・相続・遺産分割

遺言書作成

定型的な遺言書の場合

(金額は消費税別)
手数料
10万円~20万円
  • 公正証書にする場合には、上記手数料に3万円以上の金額を加算します。

非定型的な遺言書の場合

(金額は消費税別)
遺産の額 手数料の額(標準額)
300万円以下の場合 20万円
300万円を超え、3000万円以下の場合 遺産の額の1% + 17万円
3000万円を超え、3億円以下の場合 遺産の額の0.3% + 38万円
3億円を超える場合 遺産の額の0.1% + 98万円
  • 特に複雑または特殊な事情がある場合は、これと異なる場合があります。
  • 公正証書にする場合には、上記手数料に3万円以上の金額を加算します。

遺産分割協議

ご相談からの流れ

g4945-30

法律相談料

  • 法律問題についてご相談いただく場合にお支払いいただく費用です。
  • ご相談だけで終わる場合には、法律相談料以外の費用はかかりません。
(金額は消費税別)
法律相談
30分あたり 5,000円

着手金

  • 弁護士に交渉・調停などの代理人として紛争の解決を依頼するときにかかる費用です。
(金額は消費税別)
経済的利益の額 着手金の額(標準額)
300万円以下の場合 経済的利益の額の8%
300万円を超え、3000万円以下の場合 経済的利益の額の5% + 9万円
3000万円を超え、3億円以下の場合 経済的利益の額の3% + 69万円
3億円を超える場合 経済的利益の額の2% + 369万円
  • 紛争解決の結果(成功・不成功、調停の成立・不成立)にかかわらず、着手時にお支払いいただく費用です。

報酬金

  • 紛争が解決したときに、その成功の度合いに応じてお支払いいただく費用です。
経済的利益の額 報酬金の額(標準額)
300万円以下の場合 経済的利益の額の16%
300万円を超え、3000万円以下の場合 経済的利益の額の10% + 18万円
3000万円を超え、3億円以下の場合 経済的利益の額の6% + 138万円
3億円を超える場合 経済的利益の額の4% + 738万円

「経済的利益の額」について

  • 着手金や報酬金の算定の基礎となる「経済的利益の額」は、対象となる相続分の時価相当額です。
  • 分割の対象となる財産の範囲およびその相続分について争いの無い部分については、減額される場合があります。

相続放棄

  • 裁判所に提出する書類の作成や収集、相続放棄申述の手続等を依頼するときにかかる費用です。
(金額は消費税別)
手続手数料
5万円~20万円
  • 裁判所に支払う手数料(収入印紙)、予納郵券、戸籍関係書類の取寄せなど事件処理に必要な実費については、別途お支払いが必要となります。